雨の日の読書

2014年8月2日 土曜日

 齋藤孝さんの本を読んでいたら、数十年ぶりに“朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり” の論語に出あった。論語にふれてなんとなく新鮮な気持ちになる。論語は不勉強であるが覚えていたのに不思議な気がする。

 論語ではないが“朝には紅顔ありて夕べには白骨となる””朝に夕べを謀らず”も頭の隅に記憶していた。ただし、”論語読みの論語知らず”でただ記憶に残っている程度で浅薄な知識に過ぎない。

今回は齋藤孝さんの本から学んだ引用の言葉を実践したくブログにアップしてみた。


《漢字の学習・読めなかった漢字》
1)内宮  【ないくう】伊勢神宮の皇大神宮のこと。⇔外宮(げくう)。
2)乳兄弟 【ちきょうだい】血縁はないが、同じ女性の乳で育てられた人どうし。
3)乳母日傘【おんばひがさ】乳母をつけ,外出には日傘をさしかけて,大事に守り育てること。
4)入声  【にっしょう】漢字の四声の一。韻尾が p ・ t ・ k で終わるもの。
5)入木道 【じゅぼくどう】書道のこと。
6)納所  【なっしょ】古代・中世、年貢などを納入した場所およびそこに勤務した役人。
7)売僧  【まいす】僧でありながら物品の販売などをする堕落(だらく)僧。また、僧をののしっていう語。
8)文章博士【もんじょうはかせ】大学寮に属して詩文と歴史とを教授した教官。
9)僻陬  【へきすう】へんぴな土地。僻地。 「 -の地」
10)馬手 【めて】馬上で手綱を取る方の手。右の手。⇔弓手(ゆんで)。 2 右の方。右。


《今日の小さな歓び》
 三角台を守る会の人たちとの交流。

                                               以上
by tinnan1515 | 2014-08-02 17:40 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)
Commented by よっちゃん at 2014-08-02 19:07 x
有名な白骨の御文書ですね。
法事などの最後にお坊さんがうやうやしく読み上げていたので良く覚えています。
短い文書ではありますが、なかなかインパクトあります。

だいぶん足も良くなりましたが、週末は雨でお休みです。
Commented by tinnan1515 at 2014-08-03 04:31
 よっちゃんさん、おはようございます。
足の回復も順調に進んでいるご様子。
山歩きができるようになられよろしかったですね。
蓮如上人の「白骨の御文章」勉強になりました。
そういえばお坊さんがお経を唱える時、” 白骨の御文章”をよく聞きますね。
Commented by 山たーちゃん at 2014-08-03 11:10 x
臼杵さん こんにちは
臼杵さんとそよ風さんは基本毎日更新なので楽しみです。1週間振りにパソコンに座ると逆に読むのに必死です。
ありがとうございます。論語懐かしいです。中学の頃授業で1つ2つ習い就職して本を買った記憶があります。
確か意味は、人生の全てを悟れたなら、私はいつ死んでも構わない、ではなかったでしょうか?まちがってたらぺこりです。
Commented by tinnan1515 at 2014-08-03 20:21
 山たーちゃんさん、こんばんは。
拙いブログを読んでいただき、且つ、コメントありがとうございます。
山たーちゃんさんは青春ん時代から読書に親しまれていたのですね。
論語の意味は仰有る通りだと思います。

ブログ更新は基本的に毎日の更新を目的と致しておりますが、業務だと思い自分を鼓舞しております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード