山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

心は青春であり続けたい!

2014年8月1日 金曜日

 今日から8月のスタートである。月始めは恒例の相田みつをの詩をアップすることにしている。
e0272335_16295131.jpg

はげしく渦巻きさかんに泡だち
しかも少しも濁らない  透明ないのちでありたい
滝壺の水のように

 この詩が妙に心に響いてきた。馬齢は重ねていてもまだまだ心は青春のつもりである。と言うか青春であり続けたい。激しくとまではいかないが人生を謳歌する炎は絶やしたくないものである。

 心に充足感を蓄えるため漢字の学習を日課としているが、不思議なもので継続しているとなんとなく意欲が湧いてくるものである。まだまだ実力不足を感じるが初めての漢字に出会った時は特に嬉しい。

 漢字の学習以外に新たな物に取り組み、さかんに泡だちたいと思った葉月のスタート日であった。

《漢字の学習・読めなかった漢字》
1)前栽 【せんざい】① 木や草を植え込んだ庭。 ② 庭に植えた草木。庭の植え込み
2)団居 【まどい】1 人々がまるく居並ぶこと。車座(くるまざ)になること。
3)総角 【あげまき】1 子供の髪形。あげまき。 2 髪を1にした子供。また、その年頃。
4)大兵 【だいひょう】1 からだが大きいこと。また、そのさまや、そのような人
5)鷹匠 【たかじょう】1 鷹を飼育・訓練し、鷹狩りに従うことを職とした人。鷹飼い。鷹師。
6)直垂 【ひたたれ】上衣と袴(はかま)からなる武家の衣服。
7)直截 【ちょくせつ】1 すぐに裁断を下すこと。また、そのさま。 2 まわりくどくなく、ずばりと言うこと。
8)底意 【そこい】心の奥に潜む考え。したごころ。「―を探る」
9)杜松 【ねず】ヒノキ科の常緑樹。山地の日当たりのよい斜面に生え、高さ約15メートルになる。
10)塗籠【ぬりごめ】日本の伝統的建築において,柱や軒などの木部の外壁まで土壁で覆う工法をいう。


《今日の小さな歓び》
 タクさんよりオオキツネノカミソリの群生地、御前岳(ごぜんだけ)・釈迦岳の田代コースを教えて頂いた事。

                                               
                                              以上
by tinnan1515 | 2014-08-01 17:45 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)
Commented by ミーコ at 2014-08-02 09:33 x
お早うございます。
昨日無事に帰宅しました、励ましの言葉に頑張って登れました。
有難う御座いました。
Commented by tinnan1515 at 2014-08-02 10:42 x
 ミーコさん&サスケさん、おはようございます。
ご帰還なされましたか。お疲れ様でした。
ごゆるりとお体をお休め下さいませ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー