山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp
ブログトップ

“鎮南山から姫岳まで雪道歩き”

2014年2月11日   火曜日   曇り 

 昨日は一日中雨であった。今朝、鎮南山を眺めるとなんと雪化粧です。こうなると居ても立ってもいられないい。おばあちゃんをデーサービスに送り出し、部屋の掃除は少し手抜きし登山口に向かいました。今年初めての雪道歩きは楽しめる程の降雪量だったでしょうか。

                        記

【山 名】鎮南山(536m)&姫岳(620m)
【山行者】単独
【山行コース】鎮南山登山口P(9:35)~塔の尾山(10:25/10:30)~鎮南山(10:50)~林道出合(11:10)~姫岳登山口(11:55)~姫岳(12:30/12:40)~山庵寺(14:10/14:20~鎮南山登山口P(15:00)
【行動時間】5時間25分(休憩時間含む)
【行動記録】
e0272335_2030319.jpg
駐車場には上と下を合わせて10数台の車でした。はやる心を鎮めながら登山の準備を済ませて9時35分の出発です。
e0272335_20554323.jpg
臼杵市街地の先には大分市方面の山。雪化粧でした。
e0272335_213303.jpg
期待を膨らませ塔の尾山を目指すと徐々に積雪量が増え始めてきました。
e0272335_2181910.jpg
山茶花にも雪が降り積もっていました。
e0272335_21112958.jpg
塔の尾付近の樹木には雪がどっさり降り積もり重たそうですが素晴らしい光景でした。青空が欲しいですね。
e0272335_2113576.jpg
枝の先々まで雪が凍てついていました。
e0272335_2114115.jpg
一瞬青空を垣間見ることができました。やはり背景が青空だと感激度合いが違いますね。
e0272335_21145119.jpg
塔の尾山頂です。休日&雪なのでしょうか。ここに登りつくまで8名ほどのお方とすれ違いました。臼杵湾の眺望は期待はずれ、お参りを済ませ鎮南山を目指します。
e0272335_21153143.jpg
雪に覆われた樹木のトンネルと雪道歩きが続きます。
e0272335_21161814.jpg
市街地と山中は別世界です。今日は思い切って鎮南山を目指してよかったなあ。
e0272335_2117881.jpg
鎮南山の頂きです。既に先客が登頂されていました。処女雪を踏むには姫岳を目指す意外になさそうです。
e0272335_2118487.jpg
雪の重みに耐えかねしなっている竹があちこちで山道を塞いでいました。
e0272335_2125087.jpg
鎮南山から下山し鎮南山林道に出ます。ここで一瞬山庵寺か姫岳かと迷いましたが予定通り長い林道歩きを選択しました。家内に午後2時までに帰宅すると伝えていたのですが、姫岳の誘惑には勝てませんでした。
e0272335_21203628.jpg
林道には車の轍と動物の足跡のみ。黙々と姫岳登山口に向かいます。まるで雪中行軍見たいでした。雪を踏みしめて歩くのも最初だけ、段々と負担に感じてきす。
e0272335_21214127.jpg
単調な林道歩きを漸く終えることができます。ここの登山口から姫岳に登ります。ここまで来ると流石に登山者の形跡はありませんでした。
e0272335_21223113.jpg
鎮南山より高度が僅かに高い分、積雪量も多いように感じました。
e0272335_21234226.jpg
最後の登りは息を切らし、そして何度も滑りそうになりがらやっと姫岳山頂に辿り着くことができました。山頂の積雪量は15Cm程度でした。時折風が吹いてくるので寒く、紅茶を飲んで早々と退散です。
e0272335_21252396.jpg
鎮南山林道開通記念碑から山庵寺に向かう道路には上り下りの足跡が。
e0272335_2126082.jpg
山庵寺の展望所から由布岳、鶴見岳を微かに眺望することができました。
e0272335_21352789.jpg
静寂さを一段と感じた山庵寺。雪の風景がとても素晴らしかったです。
e0272335_2137141.jpg
桜の木に降り積もった雪を眺めながら山庵寺を後にしました。

《一口感想》

 今シーズンは雪山を諦めかけていたところに鎮南山の雪化粧、そして雪中行軍を楽しむことができた。まんぞくな山歩きができたことに感謝です。

                                                        以上
Commented by yan at 2014-02-11 22:35 x
うすきさん こんばんは。 
ご家族さまのお世話、ご苦労に存じます。頭が下がる思いです。
どうか頑張って頂きたいと思います。

仰るように私も雨の日は憂うつになります。ときには具合が悪くなることもあります。気圧のせいかも知れませんね。

しかしお天気の時には動きたくなります。

鎮南山~姫岳縦走登山、お疲れさまでした。
駐車場には上と下を合わせて10台止めてありましたとの由、歩かれた山は展望も素晴らしく人気の山なのですね。

厳冬期の雪山を堪能されたとの由よかったですね。

私は初めての本格的な雪山でしたが、無風状態でしたので、気持ちいい三俣山登山でした。


Commented by tinnan1515 at 2014-02-12 04:48 x
 yanさん、おはようございます。
主夫業もすっかり板についてまいりました。
家内の方も日に日に動きが良くなり、今ではお風呂も一人で入れるまでに回復致しました。
雨の日はどうも調子を落しがちです。やはり気圧と関係があるみたいですね。
今年初めての雪道歩きを市内の山で楽しむことができました。
滅多に降らない雪ですがとてもラッキーでした。

yanさんも雪景色の三俣山を堪能されましたね。
無風状態でなによりでした。
次は由布岳でしょうか。
Commented by 悟空さん at 2014-02-12 15:58 x
こんばんは^^
雪山を歩けて良かったですね~墨絵の世界とても美しいです。
毎日見ても見飽きない雪景色そろそろお別れの季節になって来ました(泣)大分はかなり降ったようですのでまだまだ楽しめますよ^^また時間を作って行けるといいですね~^^/
Commented by 山馬鹿 at 2014-02-12 18:51 x
こんばんは~☆
地元で、雪を堪能できることは一番有り難く嬉しいですね!
処女雪も、なかなか魅力的だし・・・
「静寂さ」そうですね~、しんしんと積もった雪はそんな言葉が似合います。
Commented by よっちゃん at 2014-02-12 19:26 x
うすきさん、こんばんは。
県南海岸線に近いところでも、標高が高い場所は雪だったんですね。
久々に長距離を歩かれて大いに息抜きができた様子、よくわかります。
雪景色ではありますが、昨年1月に歩いたコース、ちょっと懐かしく感じました。
Commented by tinnan1515 at 2014-02-12 19:37 x
 悟空さん、こんばんは。
思わぬ雪でしたので家事を手抜きし山へ一直線、今年初めての雪道歩きに感激でした。
鶴見岳、由布岳が白く染まっているのが見えましたよ。
家内の方も少しずつ口と手が出るようになって来ましたので、。もう少しの辛抱だと思います。
もう一度雪山が歩ける事を願っております。
Commented by tinnan1515 at 2014-02-12 19:51 x
山馬鹿さん、こんばんは。
地元の山で雪道歩きが出来てとてもラッキーでした。
鎮南山は登山者で賑わっておりましたが、今回は姫岳まで足を伸ばし処女雪を踏んで参りました。
お寺の境内に降り積もる雪に静寂を感じ、チョッピリ幽玄の世界に浸る事ができました。
Commented by tinnan1515 at 2014-02-12 20:03 x
 よっちゃんさん、こんばんは。
まさか鎮南山に雪が降るとは思ってもみなかったです。
余りの嬉しさについつい姫岳まで足を伸ばしました。
鎮南山線林道を歩きながらよっちゃんさんは確か稜線を歩かれた筈だと思いながら、帰路稜線に足を踏み入れましたが、雪が不安になり直ぐに林道歩きに修正致しました。(笑)
単調な林道歩きは面白味半減ですね。
今回は歩数計で三万歩を少し超えていましたので、気分スッキリです。
Commented by 風来坊 at 2014-02-13 04:41 x
おはようございます、うすきさん。
久し振りに山歩きを楽しまれて良かったですね。いつものご褒美と思います。
同じ日に開聞岳に登りましたが、雪の気配は全くありませんでした。同じ九州でも全く違いますね。母が「福岡は寒いねぇ」と天気予報を見ながら言っていましたので、「鹿児島が暖かい」と話してきました。
Commented by tinnan1515 at 2014-02-13 05:14 x
風来坊さん、おはようございます。
この度は鹿児島での業務だったのですね。
私の方はなんと地元の山で、今年初めての雪道歩きを楽しむことができました。自然からの温かいご褒美を頂き感謝です。
沈みがちだった気分も上昇の気配、前を向いて美味しい料理作りに励みたいと思っております。
鹿児島と福岡の温度差は分かりませんが、南国鹿児島のイメージがあります。
河津桜と菜の花はもう満開なのですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tinnan1515 | 2014-02-11 21:38 | 山歩き | Comments(10)

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515