山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp
ブログトップ

新春初歩きは空の公園縦走(元越山)!

2013年1月5日   日曜日   晴れ時々曇り 
                             
 今年の初歩きは由布岳、鶴見岳の二つを考えていたが急に元越山で日の出を見ることに変更した。やゃ出遅れた初歩きではあるが、今日はハッピーバースデー登山でもあった。

 12月8日以来の本格的な山歩き、案の定苦戦した。元越山のラストでは息が上がり足が進まなかった。縦走路歩きでやゃ通常の歩きが取り戻せたがやはりブランクはきつかった。 

                             記
【山 名】元越山(581.5m)&色利山(552.3m)&石鎚山(486.2m)
【山行者】単独
【山行コース】元越山駐車場(6:05)~元越山(7:15/8:00)~色利山(8:56/9:06)~仁田尾(9:45)
       ~石鎚山(10:30/10:35) ~空の公園P(11:05/11:40)~車道歩き~元越山駐車場(12:50)
【行動時間】6時間45分(休憩時間含む)
【行動記録】
e0272335_2153761.jpg
朝食の準備を済ませ自宅を出たのは5時5分、途中でコンビニに寄り元越山駐車場に着いたのが5時55分であった。今日の目的は山頂でご来光を見ることであった。6時5分の出発はギリギリの時間。せめてあと10分早くスタートできれば良かったのだが。途中で山頂でのご来光は諦めかけたが自分自身を叱咤激励しながらなんとかご来光前に辿り着くことができた。ぎりぎりの時間であった。
e0272335_2161784.jpg
厚い雲のお蔭でなんとかご来光を拝むことができた。ご来光よりも明るく照らされた海面の光景が素晴らしかった。
e0272335_216467.jpg
水平線から登る日の出を期待していたのだが、この光景で満足としましょう。
e0272335_217572.jpg
山頂の風景です。すっかりと夜は明けているのであります。高速道を走っている時の外気温は3℃でしたが駐車場での気温は7℃。流石に海岸線は温かいです。そのせいか山頂に着いた時は汗が滲み出ていました。衣服を着替え束の間のひと時をコーヒーで癒しました。
e0272335_21272530.jpg
11月1日は逆コースを歩きましたが今回は空の公園に向かって7.6キロの縦走路歩きです
e0272335_21384789.jpg
今回は一人歩き。山歩きの楽しさを味わいながら黙々と歩きます。前回見たスズメバチの巣、こんなに大きかったかな。
e0272335_2139935.jpg
小一時間歩いて色利山に着きました。海の光景は霞んで今ひとつです。
e0272335_21393517.jpg
空の公園縦走路の3.8キロ地点です。なんとかマイペースで歩けていますが、時たま左足の膝に違和感を感じます。
e0272335_21395072.jpg
山茶花がまだ咲いていました。やはり花は心を和ませてくれます。
e0272335_2142357.jpg
蒲江方面の海岸線もどんよりと霞んでいます。青々とした海が見たかったのですが残念でした。
e0272335_21422425.jpg
アップダウンを繰り返しながら漸く石鎚山に到着です。ここで休憩タイムと思いましたが眺望が期待できなく空の公園Pを目指します。
e0272335_5312217.jpg
このような情景でした。
e0272335_5322818.jpg
約3時間の空の公園縦走路歩きが終わりました。駐車場のベンチでしばしのくつろぎタイムで疲れを癒しました。
e0272335_5364115.jpg
縦走路の地図です。林道歩きが結構有りますね。
e0272335_5411151.jpg
ここから車道歩き、佐伯・鶴見方面に向います。下りで良いのですが駐車場まで1時間の歩きとなります。
e0272335_5464490.jpg
てくてくと歩いているとこの花に出会いました。この時期山の花はご無沙汰なので妙に嬉しかったです。
e0272335_547494.jpg
車道歩きを終えやっと着いた元越小屋休憩所。よく歩きました。
e0272335_547198.jpg
休憩所には沢山のおみかんが準備されていました。前回に続き今回も遠慮なく頂き渇ききった喉を潤すことができました。ご配慮に感謝申し上げます。
e0272335_5473923.jpg
元越山荘も目出度くお正月を迎えていました。今年もよろしくお願い致します。

《一口メモ》

 2014年初登山は6の横並びバースデー登山でもあった。体は老いても精神は若々しくありたいと願っている。誕生を迎えてサミエル・ウルマンの”青春”を紐解いてみた。

 青春  サミエル・ウルマン

青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。曰く「驚異えの愛慕心」空にひらめく星晨、その輝きにも似たる事物や思想の対する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く
人は自信と共に若く
希望ある限り若く     疑惑と共に老ゆる
恐怖と共に老ゆる
失望と共に老い朽ちる

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、偉力と霊感を受ける限り人の若さは失われない。これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至ればこの時にこそ人は全くに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる。


                                                          以上
Commented by ミーコ at 2014-01-06 07:15 x
初歩き・・・元越山の日の出素晴らしいですね~
昨年ご案内頂いたコース・・・スズメバチの巣、山茶花の花全部懐かしく思い出しています。
毎日楽しみに拝見しております。
Commented by tinnan1515 at 2014-01-06 15:51
 サスケさん&ミーコさん、こんにちは。
初歩きは元越山空の公園縦走路でした。
11月初めに皆様と歩いたことを回想しながら初歩きを楽しむことができました。
次の山歩きは霧氷を見たいと思っております。
拙いブログを見ていただきありがとうございます。
Commented by 悟空さん at 2014-01-06 20:03 x
こんばんは^^
初登り出来ましたね^^6時間とても充実した事と思います。
ブランクできつかったでしょうが今まで登れなかったので
とてもスッキリしたでしょうね^^本当にいい時間が出来て良かったですね^^/
Commented by kabuto1952 at 2014-01-06 20:15
こんばんは。山歩きが出来る様になって良かったですね。先日歩きました時は、山頂往復だけでしたので、山頂の展望以外は何てつまらん山だろうと思っていましたが、周回路を回れば石鎚山にも行けたんですね。再度歩く機会があれば周回してみます。私は明日から重い腰を上げます。
今年もお互いに充実した山歩きが出来たらいいですね。
Commented by tinnan1515 at 2014-01-06 21:13
 悟空の笑顔さん、こんばんは。
初登りが出来て良かったです。
お蔭でスッキリしました。やはり山歩きは楽しいですね。
これからも時間のやりくりをして鶴見岳か由布岳に登りたいですね。
ただ時間に制限あり頭の痛いところです。
Commented by tinnan1515 at 2014-01-06 21:22
 いーさん、こんばんは。
今回は無理をして初登りを楽しんできました。
元越山の往復ではやゃ淋しいところがありますね。
空の公園縦走ができるようになり楽しさが倍増です。
縦走の時は元越登山道を守る会に連絡すれば送迎して頂けますよ。
いーさんは明日から本格的な山登り開始ですね。
私は当分里山歩きです。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2014-01-06 21:26 x
御誕生日、おめでとうございます。
奥さまも順調に快方に向かっているようで、山 全開も近いのでは?
11月はおしゃべりをしながらのゆっくり登山でしたね。
その時は本当にお世話になりました。
おみかんも美味しかったですね。また歩きたいですね。
Commented by tinnan1515 at 2014-01-06 22:00
 信ちゃん&俊ちゃんさん、こんばんは。
ありがとうございます。
気持ちだけは若いつもりですが、やはり年齢相応な動きしかできないようです。
新年早々から快調な山歩きですね。
私は誕生日と兼ねて初歩きでした。
家内の退院は1月末にはと期待しているのですが。
これからのリハリビ次第でしょうか。
空の公園縦走は元越山からのコース、こちらの方がやゃ厳しいようです。
今回もみかんを美味しくいただきましたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tinnan1515 | 2014-01-05 21:41 | 山歩き | Comments(8)

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515