山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

思いのままに綴る ”佐賀関半島花散策 ”

2013年9月14日  土曜日

 昨日はぶらぶら歩きであったが今日は自転車に乗って佐賀関半島に花散策に出掛ける事にした。佐賀関半島(さがのせきはんとう)は、大分県大分市の東端(旧佐賀関町)及び臼杵市に位置する半島である。

e0272335_1833189.jpg
今日最初の出逢いはツルボ(別名:スルボ)でした。もちろん初めて見る花です。
e0272335_18364048.jpg
海岸線山際の路肩に咲いていました。群生しているようです。
e0272335_18393666.jpg
淡いピンクのハマナデシコ、まだ咲いていました。カワラナデシコは山でしたね。花の形が違います。
e0272335_18484318.jpg
大きな傘を広げた茸。見るからに毒キノコみたいです。
e0272335_1850511.jpg
岩の上の根。枝に負けないくらいの根が絡み合っています。ガジュマルの木でしょうか?
e0272335_18554740.jpg
上の木の根っこがここまで伸びていました。
e0272335_18581930.jpg
花が余りにも小さくてピントを合わせることができませんでした。ツルナと云うそうです。多肉で海岸の砂地に生え、食用にもされる。別名ハマヂシャ(浜萵苣)。
e0272335_1914718.jpg

e0272335_1924676.jpg
オナモミ。夏になると花を咲かせる。雌雄異花で、雄花は枝の先の方につき、白みをおびたふさふさを束ねたような感じ。雌花は緑色の塊のようなものの先端にわずかに顔を出す。
e0272335_19133083.jpg
ハマユウもまだ健在でした。
e0272335_19145212.jpg
佐賀関港から四国の三崎港に向かう国道九四フェリーです。今日の海は霞んでいました。
e0272335_19185548.jpg
今日お初のハマゴウでした。うす紫の花がとても可愛らしいです。ハマゴウはクマツヅラ科ハマゴウ属の常緑小低木で砂浜 などに生育する海浜植物。
e0272335_1925311.jpg
ラセイタソウ(羅背板草)は、夏の海岸で縮緬状の葉に肌色の花穂をつけるイラクサ科カラムシ属の多年草です。
e0272335_19302149.jpg
ブログでは見かけますが実際目にしたのは今回が初めてでした。ガカイモはガガイモ科ガガイモ属のつる性多年草。
e0272335_19371189.jpg
センニンソウはキンポウゲ科センニンソウ属の多年草。海岸線に沢山咲いていました。

《一口メモ》
 海岸路でこんなに沢山の花と出合えるとは思ってもいませんでした。初めて見る花が多くとてもラッキーな半島巡りになりました。しかも、勉強になることばかり、オナモミの雌雄異花にはビックリです。ツルナが食用になる等。行動することが大事ですね。(今日の走行距離は60km)


以上 
by tinnan1515 | 2013-09-14 19:49 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)
Commented by 風来坊 at 2013-09-15 20:34 x
こんばんは、うすきさん。
山に自転車にお忙しい毎日にびっくりします。自転車は60㎞くらいならまだ大丈夫かと思いますが、それ以上になるとサドルにエアーキャップ(プチプチ音が鳴る包装する保護材)を付けると痛くなくなるそうです。私も琵琶湖一周(230㎞)をチャレンジしたいと思っています。その時はアドバイスをいただきたいと思います。
Commented by tinnan1515 at 2013-09-15 21:05
 風来坊さん、こんばんは。
仰っしゃる通り海岸線の60kmはアップダウンが然程なく
体力的には全く問題ない距離です。
エアーキャップは参考になりました。
琵琶湖一周(230㎞)は凄いですね。
時速20㎞で10時間ですか。かなりハードですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー