思いのままに綴る ” 深田心の小径”を歩く”その2

2013年6月15日  土曜日

朝から雨が降りだし午後から曇り空、夕方になり空が明るくなってきた。雨の日の体調は今一つ士気が上がらない。それに睡眠不足も加わり低迷した一日であった。最低のノルマを果たすため ” 深田心の小径”の続きを書き留める事にした。

1、千里の目を窮めんと欲して、更に上る一層の楼    王之渙
e0272335_182756.jpg
「 鸛鵲楼に登る」の一節にありました。
白日は山に依って尽き、
黄河は海に入って流る。
千里の目を窮めんと欲して、
更に上る一層の楼。

2、容易な道を選んではならぬ 近道を抜けてはならぬ   有島武郎
e0272335_1833173.jpg
私は楽な道を選んでいますが、人生楽なことばっかりしていては成長しないということですか。

3、十年偉大なり、二十年畏るべし、三十年歴史となる    中国の言葉
e0272335_19265468.jpg
”継続は力なり”続けるということが、いかに偉大な力をもっているか。今からでも遅くはない。歴史を目指せ。

4、人の一生は重荷を負うて遠き道をゆくが如し いそぐべからず   徳川家康
e0272335_19393448.jpg
人の一生は重荷を負(おひ)て遠き道をゆくが如し いそぐべからず
不自由を常とおもへば不足なし
こころに望(のぞみ)おこらば困窮したる時を思ひ出すべし
堪忍は無事長久の基(もと) いかりは敵とおもへ
勝事(かつこと)ばかり知(しり)て まくる事をしらざれば害其身にいたる
おのれを責(せめ)て人をせむるな
及ばざるは過たるよりまされり

5、僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  高村光太郎
e0272335_19465385.jpg
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

以上
by tinnan1515 | 2013-06-15 19:48 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード