山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんばんは、うすきさん ..
by ポンちゃん at 22:16
信ちゃん&俊ちゃんさん、..
by tinnan1515 at 07:31
うすきさん、こんばんは。..
by 豊津の信ちゃん at 21:11
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:54
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 06:29
いーさん、こんにちは。 ..
by tinnan1515 at 16:06
うすきさんおはようござい..
by kabuto1952 at 10:13
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:22
うすきハッピーリタイアメ..
by 風来坊 at 07:08
higeさん、こんにちは..
by tinnan1515 at 16:20
メモ帳

霊山にキヌガサタケを求めて!

 大分市の霊山でキヌガサタケを見られることを知ったのは昨年だった。昨年はキヌガサタケを求めて数回歩いたのだが出会い叶わずと言う結果に終わっていた。

 最近、福岡県の方でキヌガサダケが見られるとの情報を知り得た。と言う事で、昨年からの懸案事項だった霊山のキヌガサダケを見に行く事にした。 
e0272335_16173121.jpg

             『しぐるるやしぐるる山へ歩み入る』  種田山頭火

 しぐるる山へ歩み入ったのだがキヌガサダケとの出会いはお預けとなった。本当は句碑の画像ではなくキヌガサタケをアップしたかったのだが。

                            記
【山行日】2017年6月27日  (曇時々雨)                                         
【山行先】霊山(りょうぜん)・(6105m)::大分県大分市
【山行者】単独
【行動コース】霊山寺P(10:30)~車道歩き~遊歩道分岐点(11:00)~霊山登山口(11:35)~霊山(12:10)~第二展望所(12:20/12:40)~霊山寺P(13:30)
【行動時間】3時間00分(休憩時間む)
【行動記録】
 倉木山のギンバイソウか霊山のキヌガサタケかと迷っていたのだが、今日の天気と出発時間を考えると霊山に軍配が上がった。
e0272335_1627676.jpg
当初は霊山森林公園遊歩道から霊山にと考えていたのだが、路肩にはすでに車が数台停められていたので、霊山寺の駐車場に向かった。霊山寺から歩き始めた時間は10時半、この時点では雨は止んでいた。
e0272335_16394792.jpg
霊山セラピーロードマップを確認してから車道歩き。
e0272335_16412033.jpg
車道を歩き始めると早速にホタルブクロが。
e0272335_16425732.jpg
ホタルブクロの中は点々
模様がいっぱい。
e0272335_17272167.jpg
車道を歩く事、30分で森林公園遊歩道に着く。ここから山路歩きとなる。山路に入ると早速に虫のお出迎えだった。
e0272335_17341730.jpg
登りになると蒸し暑さでどっと汗が滲み出してきた。
e0272335_1736283.jpg
登山道に花がないかとキョロキョロ。クサヤツデ(草八手)キク科 クサヤツデ属を見ることができた。霊山を目指して歩いていると下山中のご婦人にお会いしたので、キヌガサタケの事をお聞きすると今季はまだ見ていないとの事であった。キヌガサダケは車道沿いの竹林で見られる事を教えて頂いた。さらに登り詰めているとまたもや下山中のご婦人にお会いする。ここでもキヌガサタケの事をお尋ねすると今季はまだ見ていないが、昨年この近くで見たと仰有る。と言う事で足繁く通えばキヌガサダケに会える事を確信した。
e0272335_1747423.jpg
谷筋を登り詰めて霊山登山口に辿り着く。キヌガサダケは時期尚早と言うことにして山頂を目指す事にした。
e0272335_1804774.jpg
霊山610mに到着後、第二展望所に向かった。
e0272335_1824328.jpg
オカトラノオが咲き始めていた。
e0272335_1833557.jpg
オカトラノオは臼杵の里山で見ていたので珍しくもないのだがやはり花に会えると嬉しくなる。
e0272335_1852881.jpg
第二展望所からの眺望を期待していたのだが市街地は雲の中だった。
e0272335_1810882.jpg
第二展望所に咲いていた山ツツジ。
e0272335_18112831.jpg
そして、花が咲き終わっているイチヤクソウも見ることができた。空からポツリポツリと雨が落ち始めてきたので下山開始。
e0272335_18133872.jpg
ナルコユリの花実。
e0272335_18145196.jpg
下山は飛来山を通る。雨は降っているものの傘をさすほどではなかった。
e0272335_18172154.jpg
昭和4年12月9日「今日はまた雨であります。合羽を着て第八番の札所 霊仙寺にお登りしました。…… 。これから第九番 第十番とうって旧杵へでます。……。」種田山頭火は臼杵に来ていたのか?

《一口メモ》 
 3時間かけて霊山の山路を歩いた。心配していた雨は下山後から降り始めてくれたのでラッキーであった。目的のキヌガサダケは会えなかったが、そのうち出会いが成就する事だろう。諦めずにまた挑戦する事が肝要か。


                                           以上
# by tinnan1515 | 2017-06-27 18:37 | 山歩き | Comments(1)

今日のお友はテレビ!

2017年6月26日   月曜日

 一日中どんよりとした曇り空。唯一の外出は図書館のみ。あとは自宅で過ごした。午後からはテレビの前に座る時間が長くなり将棋観戦。

《藤井四段29連勝なるか?》
 今、将棋界の話題は藤井四段。自分もついつい勝負の行方を見守っているのだが。
e0272335_1982672.jpg

e0272335_1984649.jpg

e0272335_5405952.jpg

中盤までは増田四段がやゃ優勢の解説だったが、後半になり流れは一気に藤井四段に。29連勝の新記録樹立。

《園芸》
 雨が多いせいか植物の成長が著しい。今日は剪定と草取りを行った。手入れを行うと少しは見栄えが良くなった。
 今、我が家で一番元気の良い花はルドベキア。これからしばらくは楽しめそうだ。
e0272335_1556284.jpg
北アメリカ原産。明治中期に渡来・夏から秋にかけて開花。

《読書》
 三日連続の図書館通い。今日は予約しておいた恩多陸さんの本が借りられるようになった事と、読了した本の返却であった。
e0272335_1543110.jpg
『毎日っていいな』 吉本ばなな 著
e0272335_15432057.jpg
『錆びた太陽』 恩多 陸 著
e0272335_15434313.jpg
『終りなき夜に生れつく』恩多 陸 著

《漢字の学習》
【読めそうなのに読めない漢字の本 】 日本常識研究会編
③けっこう手強く感じる漢字。
【問題】 
1)獰猛  2)折檻  3)怜悧  4)揶揄  5)養蚕  6)翩翻  7)樟脳
8)退嬰  9)髑髏  10)唆す  11)齷齪  12)魁  13)蹉跌  14)轢死
15)科  16)艶やか  17)鼎談  18)嚔  19)芽む  20)僻む  21)揺籃
22)嵩張る 


【解答】
1)どうもう   2)せっかん  3)れいり  4)やゆ  5)ようさん  6)へんぽん
7)ししょうのう  8)たいえい  9)どくろ  10)そそのかす  11)あくせく
12)さきがけ  13)さてつ  14)れきし  15)とが  16)あでやか  17)ていだん
18)くしゃみ  19)めぐむ  20)ひがむ  21)ようらん  22かさばる   
●翩翻 ⇒旗などが風で波打つ様子。
●芽む ⇒芽が出る。「春といえば草花のー季節だ」。

《今日の小さな歓び》
 芽む(めぐむ)。この読みを知り得たこと。


                                             以上
# by tinnan1515 | 2017-06-26 19:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

里山花の観察・その後のコクラン!

2017年6月25日   日曜日

 今日も一日雨かと思っていたのだが、午前9時頃から雨が上がったので少しでも体を動かそうと思い、午前中に里山歩き、午後からは図書館通いだった。

《里山歩き》
 午前5時半過ぎにカーテンを引くと里山の龍王山は雲の中だったが、9時半過ぎに再び龍王山を見ると山容がはっきりと見える。しかも雨は上がっていた。そうだ!気になっている花の観察に行こうと思い立った。
 雨水をたっぷり含んだ山路を歩きながらコクランのある場所に着くと、とても小さな花が一つほころび始めていた。
e0272335_15303025.jpg
何ヶ月も観察を続けてきたコクランにやっと花が一輪。この瞬間はやはり嬉しいものである。
e0272335_15305945.jpg
今、暫く観察をする事にしましょう。
e0272335_15315234.jpg
トンボソウも徐々に花の形が現れ始めてきた。
e0272335_15322428.jpg
葉っぱが枯れかかっているが、ここ数日間の雨で元気を取り戻して欲しい。
e0272335_15325413.jpg
山頂を目指しているとこちらにはセンブリが。開花は随分先のことになるがこれもまた楽しみの一つである。
e0272335_1534139.jpg
下山道でオカトラノオ見る。最初に開花したものはすでに散り始めていたが、新たに開花したものがあり花ざかりであった。
e0272335_15342745.jpg
秘かに期待をしていたコオニユリはあと数日間で開花か。これまた楽しみである。小一時間程の里山歩きであったが、花の観察ができてスッキリ。

《読書》
 今月9冊目の本を読み終えたので、昨日に続き今日も図書館通い。今手元に借りてる本は2冊、少し淋しくなったので2冊借りる事にした。最近、井上荒野さんの本にハマってきた。
e0272335_15184823.jpg
『もう二度と食べたくないあまいもの』 井上荒野 著
e0272335_1519611.jpg
『さようなら、猫』 井上荒野 著

《漢字の学習》
【読めそうなのに読めない漢字の本 】 日本常識研究会編
③けっこう手強く感じる漢字。
【問題】 
1)煤ける  2)骸骨  3)製靴  4)朴訥  5)憤懣  6)殺戮  7)心悸亢進
8)鬢  9)咀嚼  10)跳梁跋扈  11)嬶  12)掌る  13)抛る  14)阿鼻叫喚
15)穿く  16)掌  17)繻子  18)疎む  19)閉口頓首
 
 
【解答】
1)すすける   2)がいこつ  3)せいか  4)ぼくとつ  5)ふんまん  6)さつりく
7)しんきこうしん  8)びん  9)そしゃく  10)ちょうりょうばっこ  11)かかあ
12)つかさどる  13)ほうる  14)あびきょうかん  15)はく  16)てのひら
17)しゅす  18)うとむ  19)へいこうとんしゅ   
●心悸亢進 ⇒胸がどきどきする。心臓の鼓動をはっきり感じる。
●掌る ⇒仕事を担当する。「彼が経理全般をーる」。
●抛る ⇒「その雑巾、こっちにーて」「―りなげた」。
●穿く ⇒「パンツをー」「ズボンをー」。
●掌 ⇒「手相を見るときは右手のーをみせてもらう」。

《今日の小さな歓び》
 里山歩き。

                                        以上
# by tinnan1515 | 2017-06-25 17:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

雨読!

2017年6月24日   土曜日

 昨日は由布岳登山だったので、今日の雨は骨休みとなった。とりわけ昨日は運良く姫百合を見ることが出来たことが、終日の雨にもかかわらず心穏やかに過ごすことにつながった様だ。

 明日から暫くは雨の日が続く予報。こうなると雨読に励むしかなさそうだ。今日もせっせと図書館通い。読書も毎日の積み重ねで今月も目標を上回ることができそうだ。

 雨読と言っても古希目前の自分には集中力が持続しない。本から目を離す回数の多いこと。そんな時雨に打たれた紫陽花を見ながら気分転換を図る。その時、紫陽花を読んだ句を調べて見る事にした。
           紫陽花や 赤に化けたる 雨上り         正岡子規
e0272335_18135198.jpg
自宅に咲いている紫陽花。

《読書》
 本を1冊返却し新たに1冊借りるのだが、どの本を借りるのかを決めていなく時が多々ある。そんなときは初めての作家との出会いになる。今回の朝井リョウさんも初めてであった。
e0272335_16134244.jpg
朝井 リョウ(あさい リョウ、男性、1989年5月31日 - )は、日本の小説家。『何者』で第148回直木三十五賞受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少となる。

《漢字の学習》
【読めそうなのに読めない漢字の本 】 日本常識研究会編
③けっこう手強く感じる漢字。
【問題】 
1)莫大小  2)詰る  3)拱く  4)栖  5)膠着  6)雲霞  7)凄む  8)剪定 
9)金蔓  10)華燭の典  11)稚い  12)羽化登仙」  13)年嵩  14)書肆
15)疳の虫  16)醵金  17)忝い  18)寡占  19)剽窃  20)廟  

【解答】
1)メリヤス   2)なじる  3)こまぬく  4)すみか  5)こうちゃく  6)うんか
7)すごむ  8)せんてい  9)かねづる  10)かしょくのてん  11)いとけない
12)うかとうせん  13)としかさ  14)しょし  15)かんのむし  16)きょきん
17)かたじけない  18)かせん  19)ひょうせつ  20)びょう 
●稚い ⇒幼いこと。
●疳の虫 ⇒神経質ですぐ泣く子供の症状。
●廟 ⇒身分の高い人や貴人の霊を祀った場所。

《今日の小さな歓び》
 『稚い』の語彙を知り得たこと。
                                        以上
# by tinnan1515 | 2017-06-24 18:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

由布岳のオオヤマレンゲ&路傍に咲く一輪の姫百合!

 今週の山歩きは今日しかないと思いつつ、山行先はどこにと考えた結論は由布岳であった。今季はまだイナモリソウにお目にかかっていないこと。さらにはやはりオオヤマレンゲだった。そしてもう一つは姫百合の状況調査も計画していた。
e0272335_18183926.jpg
由布岳お鉢巡りの途中で見られるオオヤマレンゲ。6月9日の時点では蕾であったが半月も経てばすでに枯れたものあり、開花したものあり、蕾ありと変化に富んでいた。
e0272335_18185357.jpg
雨乞林道から県道11号線に出て別府方面に進んでいると赤い花に気が付く。路肩に車を停めて花が咲いているところに引き返すと、なんとなんと姫百合であった。

                           記
【山行日】2017年6月23日  (晴れ)                                         
【山行先】由布岳西峰(1583.5m)&由布岳西峰(1580m):大崩山山麓:大分県別府市正面登山口
【山行者】単独
【行動コース】正面登山口P(6:55)~合野越(7:40/7:45)~マタエ(9:05/9:10)~西峰(9:25/9:35)~東峰(10:50/11:05)~正面登山口P(12:35)
【行動時間】5時間40分(休憩時間む)
【行動記録】
 山歩きに出掛ける時は登山口までの行程も楽しいものである。その最たるものはやはり花の事、あの花ほかに新たな花との出会いがあるのか否かと思い巡らしながら目的地に向かう。今日の別大国道の車の流れはスムーズだった。
e0272335_18413035.jpg
正面登山口に着くとすでに10数台の車があった。準備を終えて午前6時55分スタート。今日の由布岳は上々であった。ハンカイソウが咲いているのを確認するも先を急ぐ。急ぐと言ってゆっくり歩きなのだが。気になるのは今季お初のイナモリソウである。
e0272335_18565872.jpg
今季お初のイナモリソウに会えて弾みがついた。
e0272335_18592068.jpg
イナモリソウ(稲森草)は アカネ科 イナモリソウ属の多年草。
e0272335_190350.jpg
一年に一回は見たい花の一つである。
e0272335_1962534.jpg
合野越に着くとヤマボウシの花が咲いていた。衣服調整を済ませやゃ重たい足取りでマタエに向かう。前回正面登山道を歩いた時はミヤマキリシマの美しさが際立っていたが、今回はその様相はすっかり消え去っていた。
e0272335_19132233.jpg
でも、シライトソウに会っては写真を。休息タイムである。
e0272335_19154169.jpg
マタエに着くと空は青空で素晴らしい天気だった。ここから目指すは西峰。
e0272335_19173877.jpg
くじゅうの山々は雲から頭を出していた。やはり、天候は下り坂なのか。
e0272335_19201566.jpg
東峰の山肌からはピンクの絨毯は消え去り夏山に変身していた。
e0272335_1922460.jpg
西峰からお鉢巡りコースに進む。
e0272335_19241725.jpg
前回は立ち止まる回数が多かったのだが、今回はスムーズに塚原ルート分岐点まで降りてきた。ここからオオヤマレンゲがある点までひと頑張り。
e0272335_1928489.jpg

e0272335_19285596.jpg

e0272335_19321319.jpg
今季は由布岳のオオヤマレンゲでまんぞく。
e0272335_19341660.jpg
東峰ではコーヒータイム後下山開始。
e0272335_19365572.jpg
ハンカイソウが咲き始めていた。黄色の花は目立ちますね。
e0272335_19373075.jpg
ハンカイソウ(樊噲草 )はキク科メタカラコウ属の多年草。ハンカイソウの漢字は読めないなぁ。
e0272335_1938239.jpg
下山後、由布岳を眺める。徐々に雲が出始めていた。この後、雨乞山麓へ。

《雨乞山麓で花散策》
 正面登山口から雨乞山麓に移動して花散策。姫百合の状況が気になっていた。
e0272335_2022534.jpg
ギボウシの花蕾。
e0272335_2063285.jpg
花期終了後の○○。
e0272335_2071934.jpg
ウツボグサは至るところに咲いていた。
e0272335_2030354.jpg
タカトウダイ(高燈台)。トウダイグサ科トウダイグサ属に属する 多年草。
e0272335_20105273.jpg
あちこちと探し回りやっと姫百合の蕾を見つけることができたがまだ早かった。
e0272335_20132667.jpg
ホタルブクロ。
e0272335_20142831.jpg

e0272335_20145714.jpg
姫百合の蕾を見られたのでそれなりに満足していたのだが、開花した姫百合が帰路に見られるとはもう吃驚やら嬉しいやらで舞い上がってしまった。

《一口メモ》
 イナモリソウ、オオヤマレンゲを見られて満足していたのだが、路傍に咲く姫百合に会えて感激。

                                          以上
# by tinnan1515 | 2017-06-23 18:34 | 山歩き | Comments(6)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧