「ほっ」と。キャンペーン

手術後の3ヶ月検査日

2017年2月22日    水曜日

 今日は手術後の3ヶ月毎の検査日であった。検査は尿検査と血液検査である。検査結果は両方共正常であるとの報告を受ける。

 特に血液検査項目のPSAの値が0.008で前立腺ガンはもうありませんよとの一言で大いに安心した次第である。次回の検査は5月なので暫らくは意識しなくて生活ができる。失禁の方も殆どなくなり、こちらも快方に向かっているので、術後の経過は順調に推移している様だ。

《読書》
 読書量が極端に落ち始め目標の8冊に危険信号が点滅。現在7冊目の『蜜蜂と遠雷』を読んでいるのだが500ページを越える対策なので苦労しているところである。
 今日はリクエストをしておいた村山早紀さんの『桜風堂ものがたり』が借りられるようになった。
e0272335_15175195.jpg
「2017年 本屋大賞」ノミネート作品。村山 早紀(むらやま さき、1963年1月17日 - )は、日本の児童文学作家。長崎県生まれ。

【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第四章 読めれば楽しい漢字859
【問題】 昆虫と両生類、爬虫類
1)水馬  2)浮塵子  3)蚯蚓  4)壁蝨  5)瓢虫  6)椿象
7)孑孑  8)蛞蝓  9)蜚蠊  10)斑猫  11)飛蝗  12)蚰蜒
13)蜈蚣  14)天牛
  15)邯鄲  16)蟋蟀  17)蟾蜍  18)蟒蛇
19)蝸牛  20)蜉蝣  21)蟷螂  22)蜥蜴  23)蝦蟇 

【解答】 
1)あめんぼ  2)うんか  3)みみず  4)だに  5)てんとうむし  6)かめむし
7)ぼうふら  8)なめくじ  9)ごきぶり  10)はんみょう  11)ばった  12)げじげじ
13)むかで  14)かみきりむし  15)かんたん  16)こおろぎ  17)ひきがえる  18)うわばみ
19)かたつむり  20)かげろう  21)かまきり  22)とかげ  23)がま
●邯鄲…コオロギ科。黄緑色で弱々しくルルルと鳴く。
e0272335_15133237.jpg

●蟒蛇…巨大な蛇。

《今日の小さな歓び》
 次男坊の帰省。

                                           以上
# by tinnan1515 | 2017-02-22 16:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

大船山&佐渡窪!

 籾山神社の福寿草と佐渡窪のマンサクの様子見たくて山行計画を立てていた。ところが、くたみわかれでお会いした方が南西登山道から大船山に登ることをお聞きする。この時点では白口岳に登ろうかと思っていたのだが、佐渡窪から大船山をみると山頂は霧氷で真っ白。ここで心が揺れ始めた。マンサクはまだ蕾の状態で不完全燃焼。さらには、昨晩BSプレミアム放送でくじゅう連山の大船山を見たことが最後の決め手となった。
e0272335_2045352.jpg
大船山御池の霧氷。

                         記

【山行日】2017年2月21日  (晴れ)                                         
【山行先】立中山(1464.4m)&大船山(1786.2m)
【山行者】 (単独)
【行動コース】レゾネイトクラブくじゅうP(9:15)~くたみわかれ(9:45/10:00)~佐渡窪(10:50//11:15)~鉾立峠(11:45/12:10)~立中山(12:30)~立中山分岐点(13:30)~段原(14:15/14:20)~大船山(14:45/15:00)~佐渡窪(16:30)~くたみわかれ(17:15)~レゾネイトクラブくじゅうP(17:35)
【行動時間】8時間20分(休憩時間含む)
【行動記録】
1)籾山神社の福寿草
 籾山神社に着いたのは午前8時過ぎ。気温は3℃前後でかなり冷え込んでいた。2月後半になり福寿草はもう開花しているだろうと期待をしていた。
e0272335_2110446.jpg
福寿草が開き始めていた。
e0272335_21114191.jpg
こちらの福寿草は気温が上がれば開花すると思うのだが。
e0272335_21111576.jpg
このような蕾がかなり出始めていた。帰路にもう一度寄って見ようと思っていたのだが?
e0272335_2112156.jpg
ユキワリイチゲはまだ蕾であった。

2)佐渡窪のマンサク
 今年は花の開花がやゃ遅れているような気がする。気になっていたマンサクは?またもや早すぎた。
e0272335_21273036.jpg
チョッピリ開きかけ。開花は3月に入ってから?
e0272335_21274819.jpg
マンサクの蕾は沢山ついているのだが。

3)立中山&大船山
  籾山神社から移動中に今水登山口の看板を見て心が少しぐらついたのだが、今日の目的は佐渡窪のマンサクだと思いつつレゾネイトクラブくじゅうPに移動した。スタート時間が午前9時過ぎだった。
e0272335_5145276.jpg
さあ!気合を入れて歩かなくてはと、一番水がある地点から久住山を仰ぎ見ると山頂は真っ白だった。
 気温は3℃前後だったような。くたみわかれに着いた時は体が火照り衣服調整。なんと一人の男性の方が同じルートから歩いてこられているのが気づかなかった。
e0272335_5232238.jpg
南西尾根コースで再びお会いし見送る。
e0272335_530036.jpg
鍋割峠に着くも、マンサクの気配は感じられなかった。
e0272335_5314894.jpg
佐渡窪に着き、マンサクが一輪でも咲いていないかと淡い期待を。
e0272335_5343758.jpg
昨日BSプレミアミで放送があった大船山を眺める。
e0272335_5363997.jpg
マンサクは残念ながらまだ蕾。でも、素晴らしい青空で良かったと自分を慰めるのであった。
e0272335_539749.jpg
白口岳を背景にパチリ。満開のマンサクであれば大いに歓喜したことだろう。
e0272335_5412442.jpg
兎に角、鉾立峠を目指す事に。登山道はますます石ころが増えているような。山中では崩壊が進んでいるのだろう。
e0272335_5435551.jpg
鉾立峠に立ち白口岳を見る。当初の予定は白口岳に登る計画であったがいつの間にか頭から消え去っていた。
e0272335_5463390.jpg
三俣山の山頂には霧氷は見られなかった。
e0272335_548851.jpg
一方大船山は真っ白。この光景を眺めると大船山に登りたくなってしまった。鉾立峠で昼食を済ませ先ずは立中山を目指す。
e0272335_5504471.jpg
立中山の登山道は一部霜柱が溶けて黒土がびしょびしょで難儀する。でも山頂に立つと素晴らしい光景を見ることができた。
e0272335_5544523.jpg
立中山からはくじゅう連山が眺望できるのが良いですね。手前の山塊は白口岳、後方は中岳、久住山。
e0272335_5551699.jpg
こちらは立中山から眺めた三俣山。霧氷が溶けずにとても素晴らしかった。
e0272335_5555072.jpg
立中山から段原経由で大船山を目指すも藪こぎ状態とテープ確認に立ち止まること多々有り。
e0272335_556385.jpg
やっとのことで坊ケつるから大船山への登山道に合流しホットする。次に目指すは段原であるが、息遣いが荒くなり立ち止まる回数が増え始めてきた。そんな時は景色を見るのが一番である。
e0272335_1474392.jpg
いつ見てもくじゅう連山の景観は素晴らしい。1464mの立中山が小さく見える。
e0272335_14111819.jpg
霧氷に出会えてラッキー。しかも素晴らしい青空で喜び倍増である。
e0272335_14143576.jpg
時折霧氷が落下してくる中を息を切らしながら進む。
e0272335_1418166.jpg
やっと段原に辿り着くことができた。大船山山頂の登山者を確認する事ができた。
e0272335_14213883.jpg
段原から目前の大船山を眺めると山頂周辺はまだ真っ白。
e0272335_14233449.jpg
斜面の霧氷も素晴らしい!
e0272335_14255828.jpg
間近で見るともっと素晴らしい。段原から山頂までの登山道はところどころでアイスバン状態であったが、アイゼンなしで対応できた。途中で本日二人目の登山者とお会いする。立ち止まりお話をすると男池から平治岳に登り大船山登頂、帰路は風穴コースとのことであった。なんだかパワーを頂いた様な感じで山頂を目指した。
e0272335_14363454.jpg
やっと大船山に辿り着きホットするも時間が下がっていた。
e0272335_1438735.jpg
山頂から眺めた先は。由布岳。霧氷は見られなかった。
e0272335_1443982.jpg
昨日放送された御池の紅葉は素晴らしかったが、霧氷の光景もなかなかだった。下山時間のことが気になり御池まで降りなかった。。17時前までには本登山道に戻っておきたいと思い15時下山開始。
e0272335_1448385.jpg
くたみ分れの方向に進む。
e0272335_1450655.jpg
この岩峰近くが崩壊していて登山道が荒れているため慎重に降る。
e0272335_1452846.jpg
崩落箇所の岩峰。ここを最後に黙々と下山する。南西登山道分岐点に降りつく予定が佐渡窪に降りてしまった。時間は16時30分だったので心に余裕が。ここまでくれば少々日が落ちても大丈夫。駐車場に着いた時は17時35分、久々に遅い時間帯の下山となった。

《一口メモ》
 福寿草とマンサク観賞のつもりが、ロング山行となってしまった。ここまで歩けるようになったことがとても嬉しい。花は次の楽しみに。

                                         以上
# by tinnan1515 | 2017-02-21 21:30 | 山歩き | Comments(2)

自宅でおとなしく!

2017年2月20日    月曜日

 今朝は張り切って掃除をする。その訳は20日の日はおじいちゃんの月命日で、お坊さんがお参りに来てくださる日なのである。それにしてもひと月が経つのは早い。お経を聴きながら頭の中は山のことが過ぎる。実に不謹慎な自分であった。

 午後からはいつものように里山歩きでもと思っていたら小雨が降ったり、風は吹くやらでついつい自宅に籠もってしまった。こんな時こそ集中して読書をと思うのだが、思うばかりでついついテレビの前に座る時間が長くなる。でも、久し振りに田中陽気さんの日本二百名山を見たので良しとするか。百名山、二百名山、次は三百名山の企画があれば嬉しいのだが。

【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第四章 読めれば楽しい漢字859
【問題】 鳥鶏雀…
1)信天翁  2)孔雀  3)啄木鳥  4)鸚哥  5)雲雀  6)四十雀
7)翡翠  8)熊啄木鳥  9)斑鳩  10)小雀  11)山雀  12)時鳥
13)書眉鳥  14)水鶏  15)金糸雀  16)木菟  17)善知鳥  18)椋鳥
19)軍鶏  20)矮鶏鴦  21)木葉木菟  22)百舌  23)十姉妹
 
【解答】 
1)あほうどり  2)くじゃく  3)きつつき  4)いんこ  5)ひばり  6)しじゅうから
7)かわせみ  8)くまげら  9)いかる  10)こがら  11)やまがら  12)ほととぎす
13)ほおじろ  14)くいな  15)かなりあ  16)みみずく  17)うとう  18)むくどり
19)しゃも  20)ちゃぼ  21)このはずく  22)もず  23)じゅうしまつ
●くまげら…全体に黒色で、キョッキョッと鳴く。天然記念物。
e0272335_14504754.jpg

●うとう…鳩くらいの大きさで、繁殖期には上嘴に突起がでる。
e0272335_14512228.jpg


《今日の小さな歓び》
 ショパンの『エチュード』 を聴いたこと。
                                       以上
# by tinnan1515 | 2017-02-20 17:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

鳥偏の鳥の漢字!

2017年2月19日    日曜日

 素晴らしい天気で山の稜線も綺麗に見え登山日和り。でも、今日は家内とケーズデンキパークプレイス大分本店でショッピング。自分のマウスの調子が悪く丁度良かった。カメラは眺めるだけだったが、久し振りのケーズデンキは楽しかった。

 午前中は買い物であっという間に終わり、午後からは楽しみにしているNHK囲碁観戦。その後、里山に出かけた。明日以降の天気予報は雨マークがあり、天気の良い日に歩数を稼いでおきたかった。2月はどうしても一万歩を達成させたいと思っている。

【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第四章 読めれば楽しい漢字859
【問題】 鳥偏の鳥
1)梟  2)鵬  3)鴻  4)鵯  5)鶉  6)鳶  7)鵺
8)鵞鳥  9)鶫  10)鴇  11)鸚鵡  12)鴫  13)鷦鷯
14)鶺鴒  15)鶲  16)鶸  17)鶚  18)鳰  19)鵲  
20)鴛鴦  21)鸛  22)鷽  23)鶯 

【解答】 
1)ふくろう  2)おおとり  3)ひしくい  4)ひよどり  5)うずら  6)とび  7)ぬえ
8)がちょう  9)つぐみ  10)とき  11)おうむ  12)しぎ  13)みそさざい
14)せきれい  15)ひたき  16)ひわ  17)みさご  18)かいつぶり  19)かささぎ
20)おしどり  21)こうのとり  22)うそ  2)うぐいす
*鵺…トラツグミの別名
e0272335_17185790.jpg
                          鵺(ぬえ)

●まったく読めなかった。鳥には余り興味がなく、それぞれの鳥の姿が浮かんでこない。

《今日の小さな歓び》
 里山歩き。

                                       以上
# by tinnan1515 | 2017-02-19 19:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(3)

お初のオニシバリ(鬼縛り)に感動!

 オニシバリ(鬼縛り)の花を見たくて、2月になり2回目となる宇佐六山の山へ。前回の登山は2月2日であったがオニシバリはまだ蕾であった。あの日から半月経過したのでそろそろ開花しているのではないかと淡い期待を抱いていた。
e0272335_2011013.jpg
妙見山登山道に咲いていたオニシバリ。
e0272335_19365855.jpg
高山登山道に咲いていたオニシバリ。
                   記
【山行日】2017年2月18日  (晴れ)                                         
【山行先】高山(480m)&石井山(487.5m)&鬼落山(576m)
【山行者】 (単独)
【行動コース】高山登山口路肩P(9:45)~三ツ井戸分岐点(10:05)~高山(10:55/11:05)~高尾山城支城跡(11:30)~石井山(12:00/12:25)~鬼落山(13:00/13:05)~石井山(13:35)~三ツ井戸分岐点(13:55)~高山登山口路肩P(14:15)
【行動時間】4時間30分(休憩時間含む)
【行動記録】
 高山登山口に向かっている途中で尿意をもよおしたくなり、香下ダムにあるトイレに立ち寄る事にした。ここまでくれば、妙見山登山道を20分も歩けばオニシバリが見られる。高山に登る前にオニシバリの様子を確認する事にした。
e0272335_2043184.jpg
2月2日の時点では蕾であったが、今日は開花したオニシバリを見ることができた。先ずは1輪をアップで。早春にふさわしい黄緑の花がとても可愛らしかった。
e0272335_208016.jpg
花弁は4片。雌しべは4ツ。
e0272335_20125116.jpg
開花したオニシバリは2株だった。花弁にそっと鼻を近づけると素敵な香りが匂ってきた。目的のオニシバリを早々と見ることができたので一安心。今日の山行先の高山に向かった。
e0272335_2018272.jpg
宇佐市下麻生をカーナビにセットしていたのでこの地点までスムーズに到着。高山登山道の標識を確認し登山口に向かった。
e0272335_20212998.jpg
ふれあいの森『高山』の説明板。ここが登山口である。高山は標高480m、安山岩からなる粘性の高い溶岩によって形成される鐘状の休火山と書かれている。
e0272335_20381991.jpg
路肩に駐車してこの地点から歩く。
e0272335_2040416.jpg
あっ!オニシバリだ。群生地が楽しみになってきた。
e0272335_2042665.jpg
車で移動しても良かったかなぁ?
e0272335_20451232.jpg
この地点から山頂を目指す。
e0272335_20462616.jpg
ロープとテープを確認しながら一歩一歩登り詰める。
e0272335_2048027.jpg
ここは藪こぎゾーン。雑草が枯れていて良かった。
e0272335_20494770.jpg
やっとオニシバリがある地点に到着。咲いていましたよ!
e0272335_20511947.jpg
もう感動の連続だった。
e0272335_2052162.jpg

e0272335_20524574.jpg

e0272335_2053522.jpg

e0272335_20541787.jpg

e0272335_2056119.jpg
オニシバリに満足し高山に向かう。三ツ井戸分岐点から左に進めば高山。右に進めば石井山である。
e0272335_2059872.jpg
高尾山城本城跡の標識。矢印の方向に。木に掴まりながら急登を登る。
e0272335_213424.jpg
高尾山城本城跡に到着。
e0272335_2142013.jpg
初登頂の高山。初めての山は嬉しいですね。
e0272335_2174589.jpg
山頂に咲いていたオニシバリ。まさか山頂で見られるとは嬉しいの一言。
e0272335_219983.jpg
大きなオニシバリの株であった。
e0272335_21102743.jpg
八面山。
e0272335_21105014.jpg
宇佐平野と稲積山。
e0272335_21122160.jpg
こちらの山塊は石井山と鬼落山。高山の眺望を堪能したあとは下山開始。
e0272335_2116311.jpg
三ツ井戸分岐点まで下山して来ると石井山に足を延ばす事にした。ここは高尾山城支城跡である。
e0272335_21193659.jpg
石井山を目指しているとエビネランに遭遇。
e0272335_21211766.jpg
12時ジャスト石井山着。石井山は今回で2回目。初回は2012年1月21日に登っていた。山頂から由布岳を眺めながら昼食タイム。暖かい日差しを浴び心地良いひと時であった。
e0272335_21254994.jpg
サプライズがあった由布岳。今日は登山者で賑わっているだろうなぁ。
e0272335_21275727.jpg
目前に聳えるの鬼落山。もう登るしかないでしょう!
e0272335_21295537.jpg
石井山と鬼落山の鞍部分岐点。
e0272335_21314111.jpg
鬼落山の登山道にもオニシバリが。
e0272335_21332651.jpg
鬼落山も今回で2回目。初回は大分百山を目指していた時で2012年1月21日に登っていた。
e0272335_21353566.jpg
木が伐採されていたので素晴らしい眺望を楽しむことができた。宇佐平野と稲積山。鬼落山の先は石山と続くのだが、今日は此処で折り返し。アップダウンを繰り返しながら高山登山口を目指した。

《一口メモ》
 今日の成果はなんと言っても初めてみた早春に咲くオニシバリ。感動の一日であった。

                                        以上
# by tinnan1515 | 2017-02-18 19:19 | 山歩き | Comments(6)


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
山歩き
17日間の入院生活
自転車ぶらぶら旅
食べ歩き
読書日記
趣味の園芸
漢字
釣り
音楽
お気に入り俳句・漢詩
風景
花散策
その他
検査入院日記
主婦業奮闘日記
17日間の入院生活
思いのままに綴る日記

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

お気に入りブログ

最新のコメント

giroroさん、おはよ..
by tinnan1515 at 05:13
うすきさん…すごすぎる!..
by giroro at 22:03
jinasiさん、こんば..
by tinnan1515 at 21:05
せっかくの穏やかな春陽の..
by jinashi at 20:17
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 05:43
うすきハッピーリタイアメ..
by 風来坊 at 04:26
giroroさん、おはよ..
by tinnan1515 at 05:51
うすきさん、こんばんは。..
by giroro at 23:01
ポンちゃんさん、こんばん..
by tinnan1515 at 21:58
こんばんは、うすきさん ..
by ポンちゃん at 21:40

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

最新の記事

手術後の3ヶ月検査日
at 2017-02-22 16:00
大船山&佐渡窪!
at 2017-02-21 21:30
自宅でおとなしく!
at 2017-02-20 17:30
鳥偏の鳥の漢字!
at 2017-02-19 19:00
お初のオニシバリ(鬼縛り)に..
at 2017-02-18 19:19

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
登山

画像一覧